転職理由の書き方

転職理由の書き方

更新日:

カテゴリ:薬剤師転職相談室

キーワード:転職理由、履歴書

転職理由の書き方・メインイメージ

薬剤師転職相談室では、薬剤師の方からの転職にまつわる不安・悩みに専門スタッフが無料で回答いたします。

転職前から転職後まで、転職に悩んでいる薬剤師の方は一人で抱え込まずお気軽にご相談ください。

薬剤師転職相談室転職理由の書き方

個人経営の小さな調剤薬局に勤務していますが、人間関係がそれほど良くなく、また今後のキャリアについても不明瞭なので転職を考えています。その際困るのが履歴書に書く転職理由です。そもそも私が何も考えずに就職した事に問題があるのですが、考えても考えてもネガティブな事しか思い浮かばず、転職する上でどのような転職理由にすれば良いか悩んでいます。正直に自分の考えの甘さを前面に出した方がよいのでしょうか?。アドバイスがあればお願いします。

相談者 ロコモコさん
26才・女性・調剤薬局

薬剤師転職相談室将来の希望にフォーカスし、ポジティブな内容を書きましょう

ロコモコさん。ご相談ありがとうございます。

履歴書や職務経歴書は文章のみでその人が判断されるため、できるだけポジティブな内容を書くべきです

嘘を書く必要はありませんが、その文章を読んだ採用担当者がこの人と働いてみたいと思うような内容になっている事がその後の面接にもつながります。

人間関係が良くないという理由を無理に書く必要はありません。ロコモコさんのもう一つの転職理由は今後のキャリアについて不明瞭という点があるかと思いますので、ここにフォーカスすると良いでしょう。

ただそのまま「現在の職場は今後のキャリアが不明瞭」と書くとそれはただただネガティブな内容になってしまいます。この内容は例えばこのように書き換えることができます。

「当初働く場所は関係ないと考えていましたが、薬剤師として仕事に従事する中で、自分の知識をもっと高めたい、同僚の薬剤師の方たちと切磋琢磨して成長していきたいという気持ちが募っていきました。現在の職場で学べることももちろん多いですが、自分の今後のキャリアを考えた場合、薬剤師としてのスキルアップが図れ、成長するための指針が明確な○○で働かせて頂ければと考え、志望しました。」

というように書けば、決してネガティブには捉えられないかと思います。

履歴書・職務経歴書は自分をアピールするための材料です。ネガティブな側面も見方を変えればプラスに持っていく事ができるはずです。

特に転職理由は現在の不満に対してではなく、将来の希望にフォーカスするとポジティブな内容にすることができます

こちらをご参考に目標とする勤務先に最適な転職理由を考えて頂ければと思います。

頑張ってください。ロコモコさんの転職がうまくいくようお祈りしています。

回答:薬剤師転職ネット YAKUTEN

薬剤師転職相談室では、転職に悩む薬剤師の皆様からのご相談を無料で受け付けています。お気軽にご相談ください。

相談する