転職後、人間関係で後悔しないためのポイントを解説

職場の人間関係に不満を持つ薬剤師は全体の約40%。転職で後悔しないためにしておくべきことは?

更新日:

カテゴリ:ニュース

職場の人間関係に不満を持つ薬剤師は全体の約40%・メインイメージ

人間関係に不満があると回答した薬剤師は全体の約40%。4人に3人が転職を経験しているという結果に

薬剤師転職サイトとして、トップクラスの規模と実績を誇る薬キャリが、医療従事者向けのポータルサイトm3.comで実施した、薬剤師の意識調査の結果を発表しています。

参考: 薬剤師の人間関係について意識調査まとめ | 薬キャリ 職場ナビ by m3.com

その結果を分析すると、「現在の職場の人間関係に満足していますか?」という質問に対して実に約40%の薬剤師が「大いに不満」「やや不満」と回答。薬剤師の仕事は、他の職業と比較しても狭い空間で多くの人間が働くため、どうしても人間関係のトラブルが起きやすく、その不満が転職の理由になる傾向が高いと言えるでしょう。

ちなみに上記の調査をさらに詳細に分析すると、「大いに不満」「やや不満」と答えた理由の上位は、「苦手な人がいる」が49%で1位、「陰口や悪口を言う人がいる」が38%で2位にランクイン。
また3位には「 繁忙時やトラブル時に協力体制がない」が33%、「自分のやり方で仕事が進められない」が25%と続いており、職場環境やフォローアップ体制が整っていないことが、人間関係をぎくしゃくさせてしまう要因になることもわかります。

また、同調査において、転職経験があると答えた薬剤師は全体の約75%。つまり約4人に3人の薬剤師が転職を経験しているという結果に。これは他の業種、職種と比較しても非常に高い数値であり、薬剤師にとって転職がいかに身近な出来事であるかがわかります。

ちなみに本調査では「転職に踏み切った一番の理由は何でしたか?」という質問もおこなっており、「人間関係の悪化」という回答が3位にランクインしています。

薬剤師に限らず、職場には性格や考え方の異なる様々な人々が働いているのが当たり前であり、その中で人間関係の問題含め、様々な軋轢が生じることは決して珍しいことではありません。

大切なのは、その状況と向き合い、どうすれば問題を改善できるかを考えることです。現在の職場では既に手を尽くしており、転職がその唯一の手段であるならば、迷う必要はありません

同じ失敗を起こさないよう、この機会にもう一度自身の今後のキャリアプランや人間関係の在り方を見つめ直し、自分らしく働くことができる、職場を見つけるための優先事項を明確にするようにしましょう。

転職先の人間関係に不安を感じる薬剤師は半数以上

実際に転職活動に取り組み、いざ転職を決めたとしても、新しい職場で再び人間関係に悩まされてしまっては、その転職は失敗です。
「転職に不安に思う点」に関するアンケートでは、66%の薬剤師が「職場の雰囲気、人間関係」と回答。この結果を見ても、転職に取り組む薬剤師の多くが新しい職場の人間関係に不安を抱いていることがわかります。

また実際の業務に取り組む際も、人間関係の良し悪しが影響してくるのもまた事実。
ではどうやって人間関係が良好な職場を探すのかという点ですが、薬剤師転職ネットがおすすめするのは、薬剤師の転職を専門にサポートする転職支援サービスの活用です。

転職する薬剤師の中には、自身で求人を探し、転職先を見つける方も少なくありませんが、それでは転職先の人間関係や職場環境まではわかりません。対して薬剤師の転職支援を専門とする転職サイトを活用すると、業界に精通したキャリアアドバイザーが、勤務先の人間関係から職場環境まで徹底的に調査を行い、希望を満たす求人を紹介してくれます

人間関係が良い職場の求人に強い薬剤師転職サイト

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

約35,000件の求人数を誇る日本最大級の薬剤師転職サイト。あなた専任のキャリアアドバイザーが求人検索から条件交渉までを徹底的にサポート。「どのような人がいるのか?」「スキルアップできる環境なのか?」など転職前の疑問も事前に調査してくれる

薬剤師転職サイトをうまく活用し、自分らしく働ける職場へ理想の転職を実現しましょう!