かかりつけ薬剤師として活躍する薬剤師4名へインタビューを公開

薬剤師転職サイト「ママ薬」「オレ薬」を運営するアポプラスステーションがかかりつけ薬剤師へのインタビュー企画を公開

更新日:

カテゴリ:ニュース

薬剤師転職サイト「ママ薬」「オレ薬」を運営するアポプラスステーションがかかりつけ薬剤師へのインタビュー企画を公開・メインイメージ

ママ向けの薬剤師転職サイト「ママ薬」や男性向け薬剤師転職サイト「オレ薬」を運営するアポプラスステーション株式会社が、かかりつけ薬剤師として活躍する4名にインタビューを実施。『デキる!かかりつけ薬剤師ガイド』の中でその内容を公開しています。

かかりつけ薬剤師制度は2016年4月に始まった新しい制度です。かかりつけ薬剤師は、患者一人ひとりの服薬状況をしっかり把握し、薬の飲み残しや副作用がないかを確認する役割に加え、健康管理上の問題を気軽に相談できる身近な医療のプロとしての役割も期待されています。

制度がスタートし、1年強が経過しようとしていますが、薬事日報紙の全国保険薬局調査(2016年10月末時点)によると、「かかりつけ薬剤師指導料」を算定している薬局は約40%と、普及がまだ十分に進んでいないのが現状です

その背景にあるのは、多くの薬剤師が自身の知識不足や経験不足に不安を感じたり、指導料を患者に負担してもらうことに抵抗を感じるなど、制度自体にネガティブな印象を持っていることが原因の一つと言えるでしょう。薬剤師転職ネットの読者の方も、同様の悩みから、かかりつけ薬剤師になることに対して不安を抱えていらっしゃる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

本企画では、かかりつけ薬剤師として活躍する男女2名にインタビューを実施。最大で200名の同意書を獲得しているかかりつけ薬剤師に、制度スタート後の体験談から同意書獲得のアドバイスまで、様々な内容をヒアリングし、公開しています

かかりつけ薬剤師は、薬剤師にとっても患者にとってもはじめての制度であり、声かけに躊躇してしまったり、同意を取るのに苦労するのは当たり前です。

疑問を持つ気持ちや不安はあると思いますが、患者さんとの距離感が縮まり、コミュニケーションを深めることができれば、今まで以上の信頼関係を築くことができるでしょう。そしてそれは薬剤師としてのやりがいにも繋がるはずです。

ママ薬

ママ薬 『デキる!かかりつけ薬剤師ガイド』

「ママ薬」はママ薬剤師の転職をサポートする薬剤師専門転職サイト。現在同意書を多く獲得し、かかりつけ薬剤師として活躍するママ薬剤師2名のインタビューを公開している。

オレ薬

オレ薬 『デキる!かかりつけ薬剤師ガイド』

「オレ薬」は業界初男性薬剤師の転職サポートに特化した薬剤師専門転職サイト。現在同意書を多く獲得し、かかりつけ薬剤師として活躍する男性薬剤師2名のインタビューを公開している。