薬剤師転職と企業求人

薬剤師転職と企業求人 -薬剤師の転職豆知識-

更新日:

カテゴリ:特集

キーワード:企業、求人

薬剤師転職と企業求人・メインイメージ

医薬品に関する専門知識を持ち、高いコミュニケーション能力を持つ薬剤師は引く手あまた。活躍するフィールドはどんどん広がっています。転職を考えている方は企業の求人に目を向けてみるのも良いでしょう。

薬剤師転職と企業求人 -薬剤師の転職豆知識-薬剤師の資格が活かせる職種

薬剤師が活躍するフィールドは調剤薬局や病院、ドラッグストアだけではありません。最近は製薬会社等の一般企業へ転職する薬剤師も増えて来ています。一般企業には、年収が高い、福利厚生がしっかりしているなどのメリットがあります。薬剤師の資格を持っていると有利になる職種は数多くあります。下記は薬剤師の資格を生かして働ける仕事の一覧です。

薬剤師の資格を活かして働ける仕事

営業 MR
医薬品メーカーの営業業務を主に担う。自社医薬品に関する様々な情報を提供し、医師に自社の医薬品の採用を促す。薬剤師以外でも従事できるが、薬品に関する広い知識や専門性が役立つため、薬剤師資格を取得者の従事が多い職種の一つ。
営業 MS(医薬品卸)
さまざまなメーカーの医薬品や医療用器具を安定的に医療機関へ供給する仕事を主に担う。また医薬品が適切に使用されるよう、病院や薬局を訪問し、医師や薬剤師に様々な情報の提供を行う。薬や医療用器具に対する幅広い知識が求められ、また直接医師や薬局とやり取りをするため、高いコミュニケーション能力も必要になる。
臨床開発 CRC(治験コーディネーター)
病院内で新しい医薬品や医療用器具などの認可のために必要な臨床試験(治験)が適正に行われているかを監視・管理する業務。主に治験内容の説明や治験のスケジュール管理、データの収集・管理などを行う。また、被験者の心のケアも重要な仕事の一つとなる。
臨床開発 CRA(臨床開発モニター)
治験が行われている医療機関を訪問し、治験が予定通りに行われているかを監視・管理する役割を担う。治験担当医師に対する説明や、治験の実施状況に関するモニタリングなど、様々な場面で医療に関する知識が必要となるため、薬剤師資格取得者が優遇される傾向にある。また、全国の病院を回る必要があるため、出張が多い仕事の一つでもある。
臨床開発 DM
症例報告書のデータベース化が主な仕事。パソコンへのデータ入力が主業務になるためデスクワークが中心。扱っているデータが治験や医療開発業務に関わるため、記載事項をチェックする際にも専門的な知識が必要となる。薬剤師が持っている薬の知識を生かすことができる職種の一つ。
品質管理 QC
治験はGCPという法律を遵守して行なう必要があるため、その法律にのっとって治験が適切に実施されているかをチェックする他、症例報告書を確認することが主な仕事となる。GCPについて深い理解が必要となる他、治験に対する高度な知識と経験が求められる。
その他 薬事事務
薬事業務担当者または薬事申請担当者の総称。新しく開発された医薬品や海外から医薬品を輸入し、販売する際は厚労省の許可が必要となるため、申請書類の作成や、薬のサマリーの作成、必要となる添付書類の作成が重要な業務となる。薬事事務ではそれら全般の業務を行うほか、関係当局との折衝などを行う場合もある。一般的な事務と比較しても薬事事務の業務は複雑で多岐に渡るため、薬剤師資格の取得者が優遇される傾向にある。
その他 研究職
新薬の開発などに携わる業務。薬剤師資格取得後、大学院を卒業した上で業務に従事するケースが多い。新卒から採用するケースが多く、未経験採用を行うケースが極めて少ないため、異業種からの転職者にとっては狭き門となっている。

薬剤師転職と企業求人 -薬剤師の転職豆知識-薬剤師が企業へ転職する方法

薬剤師が活躍できるフィールドは多岐に渡ります。企業側からの薬剤師のニーズは増えているため、今後ますます薬剤師が必要とされる場面が増えていくでしょう。ただし、これらの企業は調剤薬局や病院、ドラッグストアと比較すると求人数が少ないため、競争が激しいケースがあります。また、これらの求人を個人がタイムリーに入手することは困難なため、薬剤師の求人に特化した転職サイトを上手く活用すると良いでしょう。

薬剤師の企業への転職に強い薬剤師専門転職サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

総合人材サービス企業「マイナビ」が運営する薬剤師専門の人材紹介サービス。治験関連職種はもちろん、数が少ない研究職の求人や薬剤師資格取得者を優遇する一般企業への求人等も豊富に取り扱う。実際にサービスを利用した薬剤師の94%が転職支援サービスに満足と回答する等、キャリアコンサルタントの質にも定評がある。