薬剤師とアルバイト求人

薬剤師とアルバイト -薬剤師の転職豆知識-

更新日:

カテゴリ:特集

キーワード:アルバイト

薬剤師とアルバイト・メインイメージ

他のアルバイトと比較すると薬剤師のアルバイト求人は時給が高い傾向があります。時間の関係でアルバイト求人を探している薬剤師の方は要チェックです。

薬剤師とアルバイト -薬剤師の転職豆知識-薬剤師の時給

大手求人サイトによるアルバイトの平均時給の調査によると、薬剤師の時給は平均1,968円と全国トップクラスに位置しています。

アルバイト平均時給ベスト10
1位 薬剤師 1,968円
2位 家庭教師 1,638円
3位 塾講師 1,442円
4位 マスコミ 1,392円
5位 看護師 1,378円
6位 引越スタッフ 1,305円
7位 バーテンダー 1,259円
8位 キャンペーン・PR 1,200円
9位 編集・制作 1,191円
10位 建築・土木 1,165円
全国平均時給 1,006円

参考: 求人情報サービス「an」│anレポート 平均時給レポート 2017年7月号

アルバイトの全国平均の時給が1,006円であることを考えると、薬剤師の時給は約2倍となっており、他のアルバイトを圧倒する高時給を期待できます。

薬剤師とアルバイト -薬剤師の転職豆知識-薬剤師のアルバイトの探し方

アルバイト・イメージ

大学の薬学部を卒業し、難関の薬剤師試験を突破した薬剤師は、正社員としても非正規雇用であるパート・アルバイトとしても高く評価されており、その知識と経験を生かして働きたい、調剤や医薬品の供給を通して医療の一翼を担う仕事をしたいと望めば、活躍する場はいくらでもあります。

薬剤師がアルバイトを探す上で大切な事は、自分がどのような場所でどのような知識や技術を生かして働きたいかということを明確にすることです。調剤をメインの仕事として患者さんと関わっていきたいという方はやはり調剤薬局がおススメです。また新たな知識をどんどん吸収して、より患者さんと関わっていきたい方には病院内薬局での勤務が向いています。
ただし、調剤薬局や病院での仕事は他と比べると残業が多い傾向があるため、働く時間に制限がある人は残業の有無をしっかり確認しましょう。

ドラッグストアでのアルバイトでは、医薬の専門知識を持ったスタッフとしての仕事に加え、他のスタッフと一緒に商品の品出しや在庫管理などの仕事をすることもあります。調剤薬局とは違い、医師に処方された処方箋通りに薬を調剤するだけではなく、患者さんの症状に合わせ、OTC薬を薬剤師が選んで勧めることもあります。薬剤師として幅広い仕事をしたい方は、ドラッグストアも有力な選択肢の一つでしょう。

また、24時間営業のドラッグストアでは夜間のアルバイトもあります。大学院などに通って勉強をしながら働きたいという人や、ダブルワークを望んでいる人にとって人気の高い就業先になっています。
薬剤師のアルバイト・パート求人を探す場合、薬剤師専門の求人を取り扱う求人サイトを活用すれば、さまざまな条件の中から自分に合ったアルバイトを探すことができます。自分で探すより、はるかに効率良く求人を探す事ができるので上手く活用すると良いでしょう。

薬剤師のアルバイト・パート求人に強い薬剤師専門転職サイト

薬キャリ

薬キャリ

日本最大の薬剤師登録者数を誇る人材紹介会社「エムスリーキャリア」が運営する薬剤師専門の転職支援サービス。面談後の入職率82.5%以上、時給2500円を超えるアルバイト・パート求人を取り扱う等、非正規雇用の求人も充実。