薬剤師を辞めたい、仕事が辛い…仕事が辛い時の対処法

薬剤師を辞めたいと思ったら。仕事が辛い時の対処法

更新日:

カテゴリ:特集

キーワード:辞めたい、辛い、異業種

薬剤師を辞めたいと思ったら・メインイメージ

薬剤師の仕事は、他の仕事と比較しても狭い空間で多くの人間が働くため、どうしても人間関係の問題が起きやすい傾向にあります。

また職場によっては、一見すると単調な業務が続き、メリハリがなかったり、日々の業務に対してモチベーションが持てない場合もあるでしょう。

今回の薬剤師転職ネットの特集は、薬剤師を辞めたいと考えている方を対象に、仕事が辛い時の対処法をご紹介します。

薬剤師を辞めたいと思ったら。仕事が辛い時の対処法 薬剤師を辞めたいと思う理由を明確にしよう

まず大前提として、なぜ薬剤師を辞めたいと思っているのか、その理由を明らかにしましょう。薬剤師という仕事自体が嫌になり、辞めたいと思っているのか、それとも薬剤師の仕事自体ではなく、周囲の環境の問題や、自分の仕事に対するモチベーションが落ち、結果的に薬剤師の仕事を辞めたいと思っているのか、理由によって対処法は全く違ってきます。

いずれにせよ衝動的に行動して良いことはありません。状況を整理するためにも、心を落ち着け、一度冷静になって、自分の心と向き合ってみましょう。

薬剤師を辞めたい時の対処法

まずは辞めたいと思う理由を明確に

薬剤師を辞めたいと思ったら。仕事が辛い時の対処法 薬剤師という仕事自体を辞めたい場合

薬剤師を辞めたい理由を整理した結果、どうしても薬剤師という仕事自体を辞めたいと思う場合も、一生働かないという選択肢はないはずです。ではどうすれば良いかという点ですが、選択肢は2つあります。

1つは薬剤師で働いていたキャリアを活かし、転職先を探すという道と、完全に薬剤師という仕事から離れ、異業種への転職を目指すという道です。
以下にそれぞれの方法の特徴と、転職に役立つサービスをご紹介します。

薬剤師という資格を活かしつつ、他の業種へ転職する

薬剤師という資格が活きる業種としては、製薬会社の研究職MR、医療業務のアウトソーシングを手掛けるCRO(医薬品開発業務受託機関)やSMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)、CSO(Contract Sales Organization:医薬品の営業・マーケティング支援)など様々な職種で薬剤師資格保有者を一定数採用しています。

完全な異業種へ転職する場合と比較するとハードルは下がりますが、ライバルも多いため、なぜこの業種・職種への転職を希望するのか、明確な理由が説明できなければ、内定獲得は難しいでしょう。

転職理由をしっかり整理するとともに、これらの業種の求人に強い転職サイトを上手く活用することが転職成功への近道です

薬剤師の資格が活かせる業種・職種への転職に強いおすすめの転職サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

キャリアアドバイザーの質に定評

利用者満足度4年連続No.1を誇る薬剤師転職サイト。豊富な企業求人から職種別に求人情報を検索できる。未経験者のための治験業界セミナーを全国各地で開催するなど、「興味があるけれど、よくわからない」といった企業に転職する際の悩みも無料で相談することができる

薬剤師を辞め、異業種転職を目指す

薬剤師を辞め、異業種転職を目指したいと思うのであれば、まずは自分を薬剤師としてではなく、一社会人として客観的に評価し、何ができるのか、また今後何がしたいのかを考えましょう

薬剤師という業界は、他の業種・職種と比較すると需要が供給を大きく上回る状況にあるため、給与面での待遇が良く、職種の専門性が高いため、専門業務以外のスキルが身に付きにくいという特徴があります。

これは裏を返せば、他の業種で通用するスキルがない、また転職した際に給与が大幅に下がる可能性があるということを意味しています。

この差を埋めるためには自分自身が今何ができるのか、またどの業種・職種で何がしたいのかを考え、それを実現するために努力していくほかありません。異業種転職は最もハードルが高い選択です。様々な業種の求人を取り扱い、対面でのサポートも行っている転職エージェントを活用すると良いでしょう。

異業種転職に強いおすすめの転職エージェント

DODA

DODA

あなたと企業を繋ぐマッチングサービス

業界最大数の求人数を誇る総合人材サービス大手パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト。多種多様な職種・業界の求人を取り扱っており、キャリアカウンセリングをはじめ万全のサポート体制は利用者の満足度も高い。

薬剤師を辞めたいと思ったら。仕事が辛い時の対処法 薬剤師という仕事ではなく、環境や自身の内面に問題がある場合

自分の気持ちを整理した結果、薬剤師という仕事ではなく、現在の職場環境や自身の内面に問題があるということが分かった場合は、職場環境を変えると良いでしょう
また自身の内面、例えばモチベーションに問題がある場合は、よりスキルアップできる職場への転職を目指すという選択もあれば、仕事以外の時間を大切にし、人生全体でプラスになるよう発想を転換するという選択肢もあるでしょう。

薬剤師は売り手市場が続いているため、転職自体は決して難しくありません。ただ転職したものの、同じような問題が起こってしまっては意味がないので、現在の問題を解決できる職場かどうかをしっかり見極め、転職活動を行いましょう

売り手市場と言えども、自分自身で転職先を見つけるのは容易ではありません。転職活動に取り組むのであれば、薬剤師の求人を専門に取り扱う、薬剤師転職サイトを上手く活用すると良いでしょう。

薬剤師の求人に強いおすすめの薬剤師転職サイト

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

最短3日のスピード転職も可能!

総求人数35,000件の中から業界専門のキャリアアドバイザーがあなたにピッタリの好条件求人を紹介してくれる。勤務先の情報を徹底的に事前調査してくれるので、終業後に職場のミスマッチに悩む心配も解消できる。  

薬剤師を辞めたいと思ったら。仕事が辛い時の対処法 まとめ

今回の特集は、薬剤師を辞めたい方、仕事が辛い方向けにケース別の対処法をご紹介しました。

薬剤師に限らず、どの業種どの職種でも少なからず辞めたいと思うものです。あとは実際に行動を起こすかどうかだけです。ちょっとしたことで仕事を辞めるのはナンセンスですが、自分の身体に変調をきたすほど、我慢する必要はありません。

また薬剤師になるための苦労を考えると、この仕事自体を辞めることにためらいが出るものですが、本当にやりたいことがあるのなら、その道を選ぶのも良いでしょう。

大切なのは、最終的に自分が選択した道がどうあれ、後悔せずに歩み続けること。それさえできれば、今は辛くてもきっと道は開けるでしょう。